Sai.のマイペース4人暮らし

家族4人暮らし。子育て、イラストについて書いてます。

「備え付けの収納がない!」【子供服2人分】我が家の収納方法

Sai.です。

子供がいると何かと物が増えますよね。

特に衣類は、成長と共にスペースを必要とするなぁ、と感じています。

我が家は、6年前に長女、3年前に次女が生まれ、子供が生まれてから3回住まいを変えています。(2年に1回ペース。慌ただしい…笑。)

その度に子供服をどう収納するか頭を悩ませており、今の住まいは備え付けの収納がないことに困っています。

一年ほど試行錯誤して考えがまとまったので、備え付けの収納がない場合の子供服の収納方法について記事にしてみますね。

汚い部屋と子供2人

 

 

今の住まいの状況は? 

今私は義両親と戸建てに同居しています。

生活スペースは分かれていますが、二世帯住宅でもなく、リフォームした訳でもありません。

もともとあった部屋そのまま使わせてもらっています。

自由に使わせてもらっているスペースは2LDK+夫のPCルーム。(つまり3LDK)

正確な広さは分からないのですが、家族4人でのびのびと過ごすことができます。

しかし、問題点がひとつだけ…。

 

備え付けの収納が少ない!

 

今ある収納がこちら。

  • 小さめのクローゼット
  • 小さめの押入れ
  • 廊下の壁収納

クローゼットは夫婦の洋服を入れたらいっぱい。

押入れは布団と大きめの荷物を入れたらいっぱい。

なかでも廊下の壁収納が曲者で、奥行きがなく、高さの調節もできないので、思い通りにものが入れられない…。(単行本が入れられる位)

 

そして、必然的にこうなります。

 

2人分の子供服を入れる場所がない!

 

試行錯誤

そして私の試行錯誤が始まります…。

義母に「これ使っていいわよ」と言ってもらった謎の木製の骨組み棚。

これに納めてみようとするも、ぐらつくし、埃も被りそうだからやめました。

次に、「単行本しか入れられないんじゃね?」という造りの廊下の壁収納に、高さのないカゴを使って子供服を入れてみました。

この手法でしばらく過ごしたのですが、やはり子供服が収まりきらずはみ出すのでやめました。

そしてようやく決心します。

 

収納を買うしかない

 

この決心までに時間がかかったのは、単に私がケチだからです。

あるものでどうにかできないかと考えた結果、どうにもならなかったという…笑。

 

我が家にやってきた子供服専用の収納

そして我が家にやってきた収納はこちら。

ジャーン。

子供服の収納ボックス(ピンク)

ハンガーラック付き4段プラスチック収納 シーズユニット通販 | ニトリネット【公式】 家具・インテリア通販

連結ができる4段プラスチック収納 シーズユニット通販 | ニトリネット【公式】 家具・インテリア通販

効果音を使うのもなんだかお恥ずかしいプラスチック丸出しの出で立ちですが、数日かけてAmazon、楽天、ニトリ、IKEA、dinosあたりのホームページを探しまくって選びました。

 

そして、私が選ぶポイントにしたのはこちら。 

選んだポイント
  • 中が透けない
  • 埃が入らない
  • 子供が自分で出し入れできる
  • 子供が気に入る(これはピンク色が気に入ったようです)
  • 将来住まいが変わった際、クローゼットや押入れに入れられる
  • 足りなくなったら、付け足して収納を増やせる

 

全てをクリアしたのが、このニトリの収納でした。

今のところ、1人4段×2セットで、かさばる冬服も2人分収まっています。

子供服収納ボックス(ピンク)収納場所

 

ハンガーを使う洋服は、以前お下がりで貰ったポールハンガーと、ハンガーラックひとつを2人で兼用。

ポールハンガーに幼稚園用品などを下げて、ハンガーラックは普段使いのアウターをかけて使ってます。

ポールハンガーとハンガーラック(子供用)

 

季節外の洋服は無印の「ソフトボックス・衣装ケース」に入れて、押入れ上に収納。

「今使う洋服」だけを子供が取り出せる場所に置いています。

まぁ、季節の変わり目なんかはちょっとグチャグチャになっちゃいますが…。(ショウガナイヨネ)

 

しばらくはこれでいきます!

中身が見えないので、最初は慣れず、子供たちも戸惑っていました。(でも収納に収まらないのに下着とか丸見えって嫌ですよね?)

シールで「下着」「パジャマ」とか付けてあげようかな、、、と思いつつ、面倒臭がっていたら、最初の心配はどこへやら、子供たちはすぐ収納場所を覚えてくれました。(笑)

自分で出し入れできるというのが何より大事。

子供向けの大きさなので、いつまで使えるかはちょっと分かりませんが、しばらくはこれでいこうと思います!

子供服用として使えなくなっても、汎用性のある作りなので、使いまわしていきたいです。

最後まで見ていただき、ありがとうございます。

 

\こちらもどうぞ/ 

www.sai-kurashi.com

 

www.sai-kurashi.com