Sai.のマイペース4人暮らし

家族4人暮らし。子育て、イラストについて書いてます。

我が家で人気の絵本3冊「5歳と3歳の子供がいます」

Sai.です。

子供ができてから絵本を読む機会が増えました。 

絵本を読む親子

昔ながらの名作もいいけれど、最近の絵本が好みです。

なかでも、ひねりがあったり面白い発想の絵本が大好き。

そういう絵本は子供も気になるようで、よく「読んで」と本棚から持ってきます。

大人も楽しめれば、何度も読み聞かせをねだられても苦ではないですよね。(限度があるけど…)

 

ということで、我が家で人気の絵本3冊をご紹介します。

ご参考までに、うちの子供は5歳と3歳。

その位の年齢から楽しめますよ。

 

 

「コップってなんだっけ?」

【著者】佐藤ナオキ

【出版社】ダイヤモンド社(2018)

【内容】コーヒーとミルクを入れてカフェオレをつくろうとしたら…スプーンがない!スプーンがないならどうやって混ぜる?こんなコップはどう?コップが自らの形状を変えて問題を解決をしようとするお話。

迷走するコップ

著者の佐藤ナオキさんは世界で活躍するデザイナーです。

「デザインとは何か?」ということを誰にでも分かるように絵本にされてます。

色数が少なく、シンプルでクールな絵柄(でもなんか可愛い)

そしてコップが喋る、どことなくシュールな内容。

「こういうのって子供は好きじゃなさそう」と思ったのですが、そんなことないんです。

「コップよむ〜」と2歳から愛読してました。

 

個人的には、コップがだんだん迷走してく姿が面白いです。

「もはやそれはコップではない」とツッコミたくなります。

 

「りんごかもしれない」 

【著者】ヨシタケシンスケ

【出版社】ブロンズ新社(2013)

【内容】男の子が学校から帰ってきたら、机の上にりんごが置いてありました。「でも、もしかしたら、これはりんごじゃないのかもしれない。」ひとつのりんごをめぐって発想が無限に広がります。

大人も唸る発想力

今の日本で「絵本といえばヨシタケシンスケさん」と言っても過言ではないかもしれません。

数々の絵本を出され、沢山の賞を受賞されてます。

初めて読んだ時に「これはすごい」と思わず唸ってしまいました。

「もしかしたら〜かもしれない」という発想が面白く、頭が柔らかくなりそう。

 

うちの夫は「りんご」を違う単語に置き換え、変にオリジナリティを出して子供に読み聞かせてます。

私としては全く面白くありませんが、子供は爆笑して喜んでます。

 

「パンのおうさま」

【著者】えぐちりか

【出版社】小学館(2014)

【内容】パンが大好きな王さまが、国じゅうのものを「パンにしなさい」とおふれを出します。身の回り全てをパンにしてしまった結末は…?

遊び心満載の絵本

著者のえぐちりかさんは有名なアートディレクターで、アーティストです。

沢山工夫が凝らしてあって、遊び心満載の絵本。

パンの形をした装丁が特徴的で、何故この形なのか?というのも絵本を読むと分かります。

個性的な装丁ゆえ、ちょっと壊れやすいのが難点です。

うちの子はこの絵本が好きでよく読んでるため、かなりビリビリにされました。

セロテープで補強してます(笑)

 

それにしても「国中のものをパンにしたい!」なんて、可愛い発想ですよね。

でも「ママがこの国の民だったら国外に逃亡するよ」という大人の意見も、一応子供に伝えておきました。

 

まとめ

この3冊は繰り返し読んでおり、我が家で大人気。

大人も子供も楽しめる絵本だと思います。

そんなに絵本に詳しい訳でもなく、ただの2児の母がオススメしているだけですが、気になるものがあったら是非手にとってみてください。

 

 

 
以上、我が家で人気の絵本3冊のご紹介でした。
最後までお読みいただきありがとうございます。