Sai.のマイペース4人暮らし

家族4人暮らし。子育て、イラストについて書いてます。

徹底レビュー「マイサイズポッティ」洋式おまるでトレーニング!

Sai.です。

なかなかおむつが外れなかった次女。

「周りを見るとみんなパンツなのに、うちの子だけおむつ。どうしよう。」

と頭を抱えていました。

悩んだ末、日本育児の「マイサイズポッティ」という洋式おまるでトレーニングすることに!

すると、使用開始から2ヶ月程度で、用を足せるまでになりました。

ほっと胸を撫で下ろしています。

ということで、実際使ってみてどうだったか。良いところ、悪いところ含めて徹底的にレビューします。

トイトレにお悩みの方、おまる購入をご検討の方のお役に立てれば幸いです。

 

洋式おまるに座る子供のイラスト

 

 

おまるでトレーニングをするきっかけ

おまるを買おうと思ったきっかけは3歳児健診

尿検査があり、持って来るように言われてたのですが、とてもじゃないけど出来ない状態でした。

「周りも出来ない子いっぱいいるでしょう」と思ってたら皆採取出来ている…!

当時はかなり焦りました。

本人にまるでやる気がなくて、トイレの個室に入ることを頑なに拒否していたからです。

「だったらリラックスできる場所(リビング)におまるを置いて、トレーニングしてみたらどうだろう?」と、洋式おまるを購入しました。

すると、トイレまで誘導する手間が省けて私の気持ちが楽になりました。

洋式おまるだと足がきちんと床につくし、自分のペースで行けるから、本人もすぐにやる気に!

ずっとおむつを履いていた娘ですが、洋式おまるを導入してから2ヶ月程度で、日中はパンツで過ごせるようになりました。 

 

マイサイズポッティに決めた理由

ピンクの可愛い洋式おまるです。

親子ともどもテンションをあげるために、あえて可愛いものを選びました。

このツイートをしたところ、「可愛い!」「こんなのあるの?」と反応が…!

その反応だけで、このおまるにして良かった〜と確信しました。(笑)

 

 

 

 

何故、洋式おまるを選んだのか

おまるといえば、またがるタイプを思い浮かべる方が多いのではないでしょうか?

 

出典:Amazon

 

これ、「お座りがぐらついちゃう」とか「身体が小さい」というお子さんには良いと思うんです。

ただ、うちの次女は3歳。

身体も成長曲線の上を行くビッグガールなため、これにまたがってる姿が想像できない。 

さらに、家の洋式便座にスムーズに移行するためにも、座るタイプが良いのではないかと思い、洋式おまるに決めました。

 

マイサイズポッティとは?

マイサイズポッティとは、日本育児が販売している本物そっくりの洋式おまるです。

 

何歳から使える?仕様は?

画像引用元:日本育児公式オンラインショップ

 

対象年齢  18ヶ月頃から体重(耐荷重)23kgまで
サイズ  幅28×奥行38×高さ38cm
重量  約1.3kg
材質  ポリプロピレン、ポリエチレン(飛び散りガード)

引用元:日本育児公式オンラインショップ


ちなみに、うちの娘が使用した時は3歳、体重17kg、身長103cmでした。

座った時の印象としては、写真の男の子と同じようなサイズ感。

「ちょっとおまる小さいかな?」と心配になりましたが、現在も問題なく使えています。

重量1.3kgはとても軽く感じました。

 

別売の単4電池2本(ドライバー必要)を入れて、レバーを回すと「ジャー」という流水音がします。

おまるのレバー

本物っぽくて面白いのか、子供はこのレバーでよく遊んでます。

 

また、背面の部分がちょっとした収納ボックスになってます。

おまるの収納ケース

ご覧の通り、かなり小さいです。

用を足した後に使用するおしり拭きを入れられたらベストですが、うちはおもちゃ入れになってます。

 

実際使ってみて

 おまるですから、用を足した後は、おしっこをトイレに捨てなければいけません。

衛生的に保てるか心配になりますよね。

でも、このように内桶は簡単に外れます。

おまるの写真

内桶を取り出して、そのままトイレにジャーっと流すだけ。

おまるをどこで洗うかはご家庭それぞれだと思いますが、我が家はトイレ目の前の洗面所で洗ってます。

3ヶ月使ってみて、今のところ匂いもしないし、綺麗な状態を保てています。

 

このおまる、飛び散りガードがついてます。(取り外し可能)

最初は「これ、いるのかな?」と疑問でしたが、めちゃくちゃ重要でした!!

この作りだと、ガードがなければ全部前に飛び出ちゃいます。

おまるの飛び散りガード

これさえあれば、全然漏れません。

当然汚れますので、内桶と一緒に都度洗う必要があります。
 

良いところ

  • ミニチュア感が可愛い
  • 音が出るレバーや収納ケースなど子供が喜ぶ仕掛けがある
  • 慣れれば親の介助なしで用を足せる
  • 洗いやすい 

「自分専用のトイレ」ができて、子供も嬉しそうでした。

やる気になれたのは、この洋式おまるのおかげです!

 

悪いところ

  • 部屋に置くとかなり存在感がある
  • 値段が高い

目につくところにトイレが見えると、嫌な方もいると思います。

あと、おまるの中では比較的値段が高いほうでした。2021年6月時点/公式サイト5,070円(税込)

それ以外だと、おまる全般に言えることですが、「後処理が面倒」「本物のトイレに移行するタイミングが難しい」などが挙げられます。

 

マイサイズポッティ以外の洋式おまる

座るタイプの洋式おまるは、マイサイズポッティ以外にも色々。

買う前にかなり悩みました。

以下の5つは悩んで候補にあがっていたものです。

 

 

 

 

 

私としては、最後の「わんわんのバイリンガルおしゃべりおまる」が面白そうで良いのではないか?と思ったのですが、娘に確認したら、「ピンクの可愛いのが良い」とのこと。

使う本人に決めてもらうのが一番良いだろうと、日本育児のピンクの洋式おまるを選びました。

 

マイサイズポッティはオススメ!

「3歳になって今更…」と購入当時はかなり迷いましたが、本人のやる気を促すためにも、親の焦りを子供にぶつけないためにも、おまるの導入に遅すぎることはないと感じました。

一度の成功体験が子供にとっては自信になります。

悩んでいる方こそオススメ。

日本育児の洋式おまる「マイサイズポッティ」なら、見た目も使用感も赤ちゃんっぽすぎないので、トイトレが進まなくて悩んでいる方にこそぴったりな商品です。

  

 

\こちらもどうぞ/

www.sai-kurashi.com