Sai.のマイペース4人暮らし

家族4人暮らし。子育て、イラストについて書いてます。

「女優が素敵すぎる」クラシックなミュージカル映画オススメベスト5

Sai.です。

withコロナ、ステイホームと言われて数ヶ月。おうち時間を充実させようと、映画もドラマもいっぱい観て、なんだか飽きてきちゃったあなたに。クラシックなミュージカル映画はいかがですか?

今回は、「女優が素敵」というポイントで5作品をご紹介します。

 

 

オズの魔法使い(1939)

f:id:sai_kurashi:20200722003628j:image

【キャスト・スタッフ】

出演 ジュディ・ガーランド

監督 ヴィクター・フレミング

あらすじ

カンザスの農場でエムおばさんとヘンリーおじさん、そして愛犬のトトと共に暮らす少女・ドロシー。ある日農場を巨大な竜巻が襲い、気を失ったドロシーは家もろともオズの国へと運ばれていく。再び彼女が目を覚ますと、東の魔女が家の下敷きになっていて…。
(引用元 U-NEXT)

 

ファンタジーに溶け込むジュディ・ガーランド

テーマパークの世界に迷い込んだような、ファンタジー感あふれる作りになっています。カカシ、ブリキの木こり、臆病なライオン、魔女、全部のキャラが立っているのですが、やはり主役のドロシー役、ジュディ・ガーランドが可愛らしく、映画の世界観に溶け込んでいます。代表的な曲は、みんな知ってる「Over The Rainbow」。

余談ですが、私はこの映画を見ると睡魔に襲われます。お話の内容も含めて、寝る前に絵本を見ているような感覚に近いのかも?ちょっと言い訳っぽいですが…。

 

 

7月22日現在、U-NEXT、プライムビデオで視聴できます。

 

紳士は金髪がお好き(1953)

f:id:sai_kurashi:20200722003640j:image

【キャスト・スタッフ】

出演 マリリン・モンロー/ジェーン・ラッセル/チャールズ・コバーン

監督 ハワード・ホークス

【あらすじ】

ナイトクラブのダンサー、ローレライは、富豪の息子ガスとパリで結婚式を挙げる予定だった。ところが、ガスに急用ができたため、ダンサー仲間のドロシーと共にパリへ向かう。こうしてふたりは、豪華客船やパリの街で珍道中を繰り広げることに…。
(引用元 U-NEXT)

 

マリリン・モンローが可愛すぎる

本作では、お金と宝石が大好きなおバカ女子を演じるマリリン・モンローですが、女の目線で見てもとにかく可愛い。

「Diamond's Are a Girl's Best Frend」という楽曲があるんですが、皮肉たっぷりな感じが面白くて大好きです。「キスは家賃や食費にならないし、女が年を取れば男はいなくなる。でもダイヤモンドは女の親友。ハリー・ウィンストン最高!」とニコニコ笑いながら、どピンクの衣装を着たマリリン・モンローが歌って踊る姿は一度見たら忘れられません。マドンナのMVや、「ムーランルージュ(2001)」の映画などでオマージュされています。

 

 

7月22日現在、U-NEXT、プライムビデオで視聴できます。

 

シェルブールの雨傘(1963)

f:id:sai_kurashi:20200722003651j:image

【キャスト・スタッフ】

出演 カトリーヌ・ドヌーヴ/ニーノ・カステルヌオーヴォ

監督 ジャック・ドゥミ

【あらすじ】

フランス北西部の港町・シェルブール。自動車修理工場で働いている若者・ギィと傘屋の娘・ジュヌヴィエーヴは、ささやかながら美しい恋を育んでいた。ところがある日、アルジェリア戦争の徴集礼状がギィに届き、2人は離れ離れになってしまう。
(引用元 U-NEXT)

 

フレンチガーリーなカトリーヌ・ドヌーヴ

女子が大好きであろう、可愛さ抜群のビジュアルが拝める映画です。

カトリーヌ・ドヌーヴって、今も美しいけど、この時の美しさは息を呑むほど…。さらに衣装も、髪型も、お家の壁紙も、何もかもが神がかかってる可愛さです。さすがフランス。

ちなみに全編音楽のみのミュージカル映画。台詞も全部歌です。最初見たときはなんとなく違和感がありました。だんだん慣れますけど。

内容はちょっと切なめです。

 

 

7月22日現在、U-NEXTで視聴できます。プライムビデオは有料で視聴可。

 

マイ・フェア・レディ(1964)

f:id:sai_kurashi:20200722003659j:plain

【キャスト・スタッフ】

出演 オードリー・ヘプバーン/レックスハリソン

監督 ジョージ・キューカー

【あらすじ】

下町生まれの花売り娘(イライザ)が、言語学者(ヒギンス博士)と出会い、なまりを矯正し、貴婦人になる修行をすることに。イライザが、社交界の花形レディに変身するシンデレラ・ストーリー。

 

オードリー・ヘプバーンがキュート

「そんなこと言われなくても分かってる」とつっこまれそうですが、オードリー・ヘプバーンがキュートです。表情がコロコロ変わって、歌いながらステップ踏んでると、もはや妖精。

話中、次第にレディになっていくのですが、顔つきがキリリとしていき、それもまた素敵。

「I Could Have Danced All Night」という代表曲が頭に残り、踊れないけど踊りたくなります。ドレスも可愛いし、目の保養になること間違いなし。

 

 

7月22日現在、視聴可能な動画サービスは見当たりませんでした。

 

サウンド・オブ・ミュージック(1965)

f:id:sai_kurashi:20200722003708j:image

【キャスト・スタッフ】

出演 ジュリー・アンドリュース/クリストファー・プラマー

監督 ロバート・ワイズ

【あらすじ】

アカデミー賞5部門受賞。映画史に残る、ミュージカル映画の最高傑作! 歌を愛する修道女見習いのマリアは、トラップ家の7人の子供達の家庭教師となる。軍隊式の規律で守られた厳格な家庭に戸惑うマリア。だが持ち前の明るさと歌で,子供達の心を開いていく。再び明るい笑顔が戻ったトラップ一家。だが、ナチス台頭に揺れる時代の波が一家にも襲いかかる??。
(引用元 Amazon Prime Video)

 

ジュリー・アンドリュースは抜群に歌が上手い

子供の頃、ひとりで留守番する時によく見てました。この映画なんだか長いなぁ、と思ったら2時間55分もあるそうです。でも全編に有名な曲が散りばめられていて、退屈しません。(でも一回休憩はさまないと辛い)

最後のほうは戦争色強めになっていきますが、前半はトラップ一家の子供たちとマリア(ジュリー・アンドリュース)の掛け合いが、ほっこりしててハッピーな気持ちになれます。

ジュリー・アンドリュースは歌が抜群に上手で笑顔が素敵。彼女が主演の「メリー・ポピンズ」(1964)も大好きです。

 

 

7月22日現在、プライムビデオで有料にて視聴可能。

 

まとめ

最近の映画全部見ちゃったしなぁ、という方はクラシックなミュージカル映画、オススメですよ。

今回の5作品はどれも有名で、リメイクされてたり、影響を受けて作られた作品も結構あります。そういうのを発見できるのも面白いです。

7月22日現在、動画サービスでの視聴方法は、以下のとおりです。

「オズの魔法使い」  U-NEXT、プライムビデオ

「紳士は金髪がお好き」  U-NEXT、プライムビデオ

「シェルブールの雨傘」  U-NEXT、プライムビデオ(有料)

「マイ・フェア・レディ」  視聴可能な動画サービスは見当たらず。ディスクでどうぞ。

「サウンド・オブ・ミュージック」  プライムビデオ(有料)

 

女優さんのイラストを描きたいがためにつくったような記事ではありますが、どれも名作なので見て損はなしです。

お子さんと一緒に楽しむのもありですね。ただ「紳士は金髪がお好き」と「シェルブールの雨傘」はちょっと大人向けかも。

最後までお読みいただきありがとうございました。 

 

こちらも合わせてどうぞ

www.sai-kurashi.com