Sai.のマイペース4人暮らし

家族4人暮らし。子育て、イラストについて書いてます。

ご依頼のイラストアイコン作例

Sai.です。

たまにイラストアイコンの依頼をいただくことがあります。

以前から交流のあった方や、初めましての方からも。

できる範囲で…というスタンスなんですが、嬉しい限りです。

作品例が揃ってきたので、ご紹介です。

それと本記事の最後に、アイコンをイラストにするメリットとデメリットをまとめてみました。

これからイラストアイコンを作りたい、頼みたい、と思っている方のお役にたてれば幸いです。

 

f:id:sai_kurashi:20210421124322p:plain

 

 

イラストアイコンの作例

最近のものから遡って、作成日順に例を載せます。

sakuさんのアイコン(2021年)

新ブログで使うアイコンを、表情違いでご依頼いただきました。

f:id:sai_kurashi:20210524092255j:plain

表情違い色々

 

yokochaさんのアイコン(2021年)

ブログリニューアルのタイミングでご依頼をいただきました。

ご家族3人分のアイコンです。 

f:id:sai_kurashi:20210421114904p:plain

ノーマルの表情

 

f:id:sai_kurashi:20210421115216p:plain

表情違い色々

 

yokochaさんのサイト

Yokochaのママキャリアノート

 

ふるのさんのアイコン(2021年)

WordPressの新ブログ用で使うアイコンを、表情違いでたくさんご依頼いただきました。

ノーマルの表情

 

表情違い色々

 

あさひさんのアイコン(2021年)

ダイエットブログ用のアイコンで「少しぽっちゃりさせてほしい」というご依頼でした。

f:id:sai_kurashi:20210421115921p:plain

表情違いも!

 

ゆんともパパさんのアイコン(2021年)

ブログとTwitterで使用するアイコンのご依頼でした。

ご夫婦、表情違いを作らせていただきました。

 

ご夫婦のアイコン

 

ゆんともパパさんのサイト

ゆんとも

 

おさやさんのアイコン(2020年)

英語関連のSNS、スカイプ、ブログのアイコンを統一して新しくしたいとのご依頼でした。 

PCをセットにしたアイコン

 

ルルさんのアイコン(2020年)

はてなブログからWordPressに移行するタイミングでご依頼をいただきました。

ご家族3人のアイコンです。

f:id:sai_kurashi:20210421105713p:plain

ご家族3人ノーマルの表情

 

f:id:sai_kurashi:20210421105756p:plain

表情違い色々

 

 

くうかさんのアイコン(2020年)

ブログ運営2周年を迎え、自分へのご褒美としてアイコンを新しくしたいとのことでご依頼いただきました。

ボブの女性表情違いイラストアイコン

表情違い色々

 

f:id:sai_kurashi:20210524093858j:plain

表情違いの追加とサブブログのアイコン(2021)

 

 

ぱぴこさんのアイコン(2020年)

初めてお声かけいただいて作ったアイコンです。

ゲーム特化のブログ用としてご依頼いただきました。

ボブの女性表情違いイラストアイコン

表情違い色々

 

ぱぴこさんのサイト

ぱぴこのゲームブログ

 

作るときに気をつけたこと 

リクエストに可能な限りお応えすることです。

ご依頼いただいた方のSNSやブログの顔になるアイコンなので、ご本人の気にいるものが1番だと思います。

都度確認するので、やりとりが頻繁になってしまうのが申し訳ないのですが…。

参考資料を添付してくださるとイメージのズレがなく、スムーズでした。

 

f:id:sai_kurashi:20200523210207j:image

あとは、事前に条件などを確認し合ってからスタートさせることを気をつけています。

今までお声かけいただいた方は本当に皆さん良い方ばかりで、トラブルなくできているのですが、頼む側も頼まれる側も「親しきなかにも礼儀あり」の精神を忘れないようにすることが大切だと思っています。

 

イラストアイコンのメリット、デメリット

メリット

  • 身バレ防止
  • ブランディング
  • 自分好みのイラストでブログやSNSが楽しくなる
  • 表情違いのアイコンが作りやすい

 「写真を使うのは嫌だなぁ…」という方はイラストアイコンおすすめです。

身バレ防止にもなりますし、表情違いが作りやすいのも良いですね。

イラストは自分好みのテイストを選ぶと愛着が湧きますよ。

あとは、SNSやブログ、YouTubeなど、色んな媒体で同じイラストアイコンにすると見る方の印象に残りやすく、ブランディング効果もあります。

 

デメリット

  • 人とかぶる

 フリーイラストを使うと人とかぶることは避けられません。

依頼してイラストアイコンを作れば、ある程度被らず、オリジナリティが出せます。

絵が得意なお友達や好きなイラストレーターさんに頼んでみてはいかがでしょう?

喜んでやってくれるかもしれません。(私がこのパターンです)

 

そんな知り合いいないよ〜、って方は「ココナラ」で好みのイラストレーターさんを探して頼むのも良いですね。

 

 

ただ、どうしても作風はかぶるので「完全オリジナルが良い!」という方は、自分で描くのもひとつの手です。

スマホで簡単にイラストアイコンを作る方法を記事にしてありますので、よかったらご覧ください。 

www.sai-kurashi.com

 

さいごに

以上、いままでにご依頼いただいたイラストアイコンの作例まとめでした。

「そういえばこんなの描いたなぁ」と振り返れて楽しかったです。

実際使っていただけてるところを見ると、描いてる本人としてはとっても嬉しい♡

ご依頼いただいた方も、そしてこの記事を読んでくださった方も、どうもありがとうございました。

では、また。