sai.のマイペース4人暮らし

家族4人暮らしのありのまま。イラスト多めです。

【女性の支度は時間がかかる?】時短はこれを減らすだけ

朝の1分は、あるかないかで心の余裕が全然違う。

 

Sai.は朝起きて、身支度を整えてからスタート。

これは働いてた時も、仕事を辞めた今も同じ。

着替えて、寝癖直して、化粧して。

この時間を計ってみた。iPhoneでポチり。

f:id:sai_kurashi:20190818010148j:plain
12分48秒。

 

あれ?もっと早いと思ってた。

でもこのまま外に出れるくらいの仕上がりなので、まあ合格!

 

*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*

 

20代の独身時代はすごく時間かかってたのを覚えてる。

メイクにダラダラ30分。洋服選ぶのも「あーでもこーでもない」と何度か着替え、靴やバッグの小物類で悩み、さらには髪のセットに苦戦。合計すると1時間余裕でかかってた。

そして仕事や待ち合わせに遅刻しそうになり、走って汗だくになるという。

 

馬鹿なの?って言いたくなる。

 

当時のSai.は「女子は時間がかかるものだから」と自分に言い訳して諦めてた。

 

*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*

f:id:sai_kurashi:20190818024446j:plain

1時間かかってた身支度が12分48秒に。

この時短、我ながら感激。

 

この時短、2つを減らすだけで実現できた。

①ものを減らす

②やること(工程)を減らす

これだけ!

 

①ものを減らす

単純に、メイク用品、服、バッグ、靴を減らした。たくさんあって組み合わせに迷うのなら、選択肢をなくせば自然と時短になる。例えば、組み合わせに迷う服は上下1セットと考えて、4~5セット持っていれば洗濯が遅れても問題なく回せる。

 

②やること(工程)を減らす

例えばメイク。以前は洗顔した後、化粧水→美容液→クリーム→下地→リキッドファンデーション→フェイスパウダー、という6工程だった。

今は洗顔後、オールインワンジェル→下地→パウダーファンデーション、という3工程。

1/2の工程ということは、単純計算1/2の時短になる。

f:id:sai_kurashi:20190818024616j:plain

 

①と②は相互作用があって、ものを減らしたら自然と工程が減って、やることを減らしたいと思ったら、自然とものが減っていく。

感激。

 

*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*

 

きっかけは狭い賃貸生活。ものが置けないから、減らすしかなくて徐々に少なくなっていった。

sai-kurashi.hatenadiary.jp

 

あとは子供ができて自分に割ける時間が減ったから。「どうにか楽できないか」と考えた結果、やること(工程)が徐々に減っていった。

 

大きなメイクボックスいっぱい、洗面所にまであふれていた化粧品が、今やポーチひとつに収まる。

f:id:sai_kurashi:20190818024206j:plain

この快感は一度ハマったらやめられない。

オススメです。

 

「メイクしなければいいのでは?」と言われたらそれまでだけど。

確かに究極の時短は、着の身着のまま、ありのままスタイル。

でもSai.にとって身支度は、誰かのためにするわけではなく、自分のため。

 

朝、鏡に向かってスイッチが入る。

 

そう、やりたくてやってるの。

 

だからもっと身支度を楽しくすべく、これからも時短を目指します。

 

読んでくださってありがとう。ランキング参加中。 

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村