Sai.のマイペース4人暮らし

家族4人暮らし。子育て、イラストについて書いてます。

【子育ての本音】育児の裏側「辛い時に言ってほしい言葉」

突然ですが、子育ては楽しくて幸せ、という雰囲気に疲れる時はありませんか?勿論幸せでもあるのですが、それは表向きの一部分です。私は子育てしてると「辛っ」と感じることも正直あります。そんな子育ての本音、育児の裏側についてまとめてみました。

 

 

子育ての本音

子育ての本音は、なかなか表には出せません。下記の例は、私の経験もあるし、身近な人から聞いた話もあります。

仕事をする母親と子供

本音「でも働かないとやってけないし」

 

公園帰りの母親と子供

本音「じゃぁ代わりにやってくれ」

 

飲食店で食事をする母親と子供

本音「そうさせてあげる余裕が今ないんだが…」

 

ソファーに座る母親と子供

本音「毎日外で泥だらけになるまで遊ばせてるけど…

 

謝る母親と子供

本音「あなたの顔が怖いからでは?」

 

おむつをかえる母親と子供

本音「もーこれ何回聞いたか…」

 

心無い一言にメンタルがやられますが、子供の手前なかなか本音は言えません。子育てをしていると、良かれと思ってのアドバイスをよくいただきますが、これが一番きついです。

子供は思うようには動きませんし、自分のキャパにも限界があります。そもそも子育てに正解はありません。

 

言ってほしい言葉

迷いながら毎日過ごしていると、こんな一言に救われます。

泣く子供を抱く母親に声をかけるおばさん

涙を流す母親

 

「それで良いんだよ」と言ってほしいのだと思います。 

 

本当に辛い時は…

言いたいことを溜めていると、どんどん辛くなります。辛い時は、吐き出したり、共感し合える場所が必要です。そんな時はご家族や友人に話を聞いてもらいましょう。もし身近に話をできる人がいなければ、地域の保健所、子育て支援の場所に相談するのも良いと思います。SNSを上手に活用できれば、それもありですね。

 

電話相談もありますのでリンクを載せておきます。

どちらも相談料は無料、妊婦さんから乳幼児のお子さんを持つ方が対象です。

辛いな、と感じたら本音を表に出してみましょう。人に話すことがハードルが高ければ、ノートに気持ちを書き出すだけでも楽になりますよ。

 

関連記事です。 

www.sai-kurashi.com