Sai.のマイペース4人暮らし

家族4人暮らしをとおした、子育てや日常を楽しむ情報をイラストとともにお届けします。ブログ運営についても書いてます。

【ApplePencilとiPadでイラスト】「ペーパーライクフィルムって?」使う前と後でどう変わる?

先日、ブログコラボで、ぱぴこさんの記事に挿絵を描かせていただきました。 

ぱぴこさんのサイトで人気のある過去記事の挿絵です。共感できる方も多い内容だと思います。是非ご覧ください。※アイキャッチは違います。

www.papico405.com

 

実は今回の挿絵から、iPadとApplePencilを使用しています。今までは紙とペンのアナログ作業とiPhone(指先使用)で描いており、その違いを実感しています。

ちなみに、今まで私が描いていた方法はこちらです。

www.sai-kurashi.com

そこでApplePencilを使用する前と後で工程をどれ位減らせるか、描き心地に違いはあるのか、自分なりに比較してみました。

ApplePencilの購入を迷っている方、iPadでイラストを描いてみたいと思う方の参考になれば幸いです。

 

 

まず用意したもの

  • 11インチiPad Pro  
  • Apple Pencil 

(参考)iPad- Apple(日本) 

買おうか迷っていたら、2020年3月に新型のiPad Proが出ました。しかも容量が上がって内容も良くなってるのに金額が下がって驚き…!

「これは今買えってことだな。」と自分に言い聞かせ、購入に至りました。

 

私はこのモデルの128GBを買いました。

 

Magic Keyboardをつけたら、ちょっとしたノートパソコンのように使えます。

 

ペーパーライクフィルムも必須

ペーパーライクフィルムとは、iPadの画面につける保護シートの種類で、その名の通り紙のような描き心地に近づける効果があります。

私が買ったのはこれです。

 

表面がザラザラしているので、少し画面が白っぽく見えるのが難点。映像などをクリアに見るには適しません。ただガラスフィルムやiPadそのままの画面をApple Pencilでなぞるとツルツル滑るので、イラストを描きたい方は必須だと思います。

 

前と比べて楽になるか?

ApplePencilとiPadで描けば、今までよりも工程は減るのでしょうか?比較してみたいと思います。

アプリは今まで使っていたのと同じアイビスペイントで試します。

アイビスペイントX

アイビスペイントX

  • ibis inc.
  • エンターテインメント
  • 無料

apps.apple.com

 

今までの工程

  1. 紙に鉛筆で下書き
  2. ペン入れ
  3. 消しゴムで下書きを消す
  4. iPhoneで写真をとる
  5. アプリで線画抽出
  6. サイズ変更、トリミング
  7. アプリで色塗り→出来上がり

手描きの子供のイラスト

 

ApplePencilとiPadの工程

  1. 下書き
  2. 下書きを綺麗になぞる
  3. 色塗り→出来上がり

applepencilをつかった子供のイラスト

やだ…すごい楽。今までの苦労なんだったのってレベルです。

 

当たり前かもしれませんが、ApplePencilとiPadで描く方が無駄がありません。今までのアナログな描き方だと、消しゴムのカスが発生したり、コピー用紙を多用しますが、それもなくなりました。

その人の描き方によると思いますが、私は大幅に工程が減り、楽になりました。

 

描き心地の違い

次はApple PencilでiPadに描くのが、どれだけ手で紙に描いている感覚と似ているのか、比較してみたいと思います。

まずは手描きして線画抽出したものと、ApplePencilで描いた線画を比べてみます。

 

手描きの子供のイラスト

手描きして線画抽出したもの

 

applepencilを使った
子供のイラスト

ApplePencilで描いた線画

 

…違い、分かりますか?

 

一言で言うと、手描きの方が味があり、ApplePencilの方が均一でムラがない仕上がりです。

その出来上がりのとおり、ApplePencilはどうしても画面で滑る感じがあります。ペーパーライクフィルムをつけても、やはりペーパーにはなりきれません。ライクだから。

実際に紙で描く時に比べてキュッと止まる感覚が薄いので、ゆっくり画面を滑らせるよう意識する必要があります。

なので描き心地という点でいうと、手描きのほうが良いです。これは自分がアナログ昭和生まれというもの関係していると思いますが…。

 

まとめ

ApplePencilとiPadを使うと、イラストを描く工程は減って楽になります。ただ、描き心地は紙とペンには負けます。

一長一短ではありますが、簡単にイラストをデータ化したい方はオススメです。私も時と場合によって、アナログとデジタルを使い分けていきたいと思います。

 

以上、最後までお読みいただきありがとうございます。

冒頭のブログコラボについてぱぴこさんに記事にしていただきました。

www.papico405.com